よくあるご質問逓増定期保険.jp

逓増定期保険におけるよくあるご質問

よくある質問

全額損金で無くなったので、逓増定期保険はもう使えなくなったのですか?
逓増についてのお答え
国税庁は2008年2月28日に、逓増定期保険の税制変更を公示しました。これにより、これ以降の逓増定期保険の保険料は加入条件などによりますが、ほとんどの契約が全額損金ではなく1/2損金扱いとなります。
2008年2月27日まで全額損金だったため、利益対策には非常に効果が高い保険でした。しかし、現在は保険料の半分しか損金が発生しないため、利益圧縮効果は落ちてしまいました。現状では、利益対策に使える保険としては、他にガン保険があります。ガン保険にもメリット・デメリットがあり、総合的にどうすれば最善の対策が組めるのかどうかをしっかり検討していく必要があるでしょう。当サイト「逓増定期保険一括見積もりサイト」では、逓増定期保険だけではなく、ガン保険も含めて保険全体の中から最適な解決法を提供しています。
両保険とも使い方次第では、全額損金時と同等の効果を出す方法もございますので、それについては個別対応をさせていただいております。ご興味がございましたら、お気軽にお問い合わせ下さい。
逓増定期保険が税金対策になるという説明を受けたことがありますが、どういうことですか?
逓増についてのお答え
逓増定期保険の保険料は、決算末に1年間の保険料を年払いで払うと、多くの場合で保険料の1/2(50%)が損金算入(支払保険料)が可能です。それによって、その期の利益が減ることになるので、法人税額が減ることになります。そのことから、期末に大きな保険料の逓増定期保険に加入すると利益が圧縮されるために税金対策になると言われています。税理士や銀行などが期末に保険の加入を勧めてくる理由はここにあります。
保険は節税対策に良いと言われていますが、保険を解約した時に解約返戻金に税金がかかるから意味が無いと税理士が言います。確かに保険は利益の繰り延べになりますが、本当の節税対策にはなりませんよね?
逓増についてのお答え
ある意味ではその通りです。保険を解約して解約返戻金を戻す場合に、充てられる損金が無かったとしたら、その解約返戻金は利益対象となり、法人税がかかります。このことを税理士は説明をしたのだと思います。社長の生存退職金など、解約返戻金の使い道を決めて保険導入を検討する必要があります。ただし、ただの利益の繰り延べにならない逓増定期保険の加入方法もあります。これらの対策については、プロの保険代理店に相談されるとよいでしょう。

決算末に利益が出ているので、ただ税金を払ってしまうのではなく、簿外に含み資産を増やしていきたいと思っていますが、逓増定期保険で備えるのが最良の方法なのでしょうか?
逓増についてのお答え
簿外の含み資産を増やしていくためには、高い解約返戻率の保険が適しています。また併せて、保険料が損金で落とせるかどうかも重要な判断材料になります。ただ解約返戻率が高いもので良いということであれば、銀行預金をすれば良いだけです。ただ、銀行預金はまったく損金性はありませんので、企業は別途4割近くの法人税を払わなくてはなりません。損金性が高く、解約返戻率が高い保険商品が一番良いということになります。その意味で逓増定期保険は選択肢の1つとして、損金性があり貯蓄性もあるので多く活用されています。
その他では、養老保険やガン保険なども選択肢として活用可能です。
今月が決算の時期なのですが、期末まであとわずかしかなくても、逓増定期保険の導入は間に合いますか?
逓増についてのお答え
はい、十分に間に合います。
1.申込書の作成
2.保険加入のための健康診断
3.保険料の振り込み

契約には最短で1日か2日あれば完了できます。そのため、決算末すれすれでも十分に間に合います。

逓増定期保険以外の保険の設計も作ってほしいのですが…。
逓増についてのお答え
保険導入の目的を詳しく教えていただければ、逓増定期保険だけではなく、すべての保険商品の中から最適なものを選択してご案内いたします。
保険のサービスは全国どこでも対応してくれるのですか?
逓増についてのお答え
2013年現在で、北は北海道から南は鹿児島まで、約1000社のお客様がおります。全国どこでも対応しておりますので、場所がどこであっても訪問させていただいております。ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。
逓増定期保険に入りたいけど、健康状態に自信がありません。このような場合、どうしたらよいでしょうか?
逓増についてのお答え
逓増定期保険の加入には健康診断が必要です。もし健康状態に自信が無いようであれば、事前に病状などをお聞かせ下さい。健康診断の前に加入できるかどうかをお教えします。
また、社長ご自身の健康状態が悪くても、奥様などの他の役員様を被保険者として保険加入することができますので、まずは一度ご相談下さい。
逓増定期保険の見積もりを作成していただけるだけではなく、いちから相談に乗ってもらいながら、何をどう加入するのが一番良いのかを教えてもらいたいと思っているのですが、それは可能ですか?
逓増についてのお答え
逓増定期保険一括見積もりで、ほとんどが相談をしながら契約手続きまで進みます。なぜなら、逓増定期保険の導入を検討される経営者は、保険に加入することが目的ではなく、事業保障資金の準備、含み資産形成や退職金準備などを考えているからこそ、保険の導入を検討しているからです。そのような目的に合わせて、最適な保険の組み合わせを検討することが必要になります。
保険のご加入には、すべてお会いして打ち合わせをしながら進めていきます。ですので、会社経営について何でもご相談下さい。私たちは最適なソリューションを提供させていただきます。
今年、契約してしまった逓増定期保険があるのですが、本当にこの内容でよかったのかどうか不安です。見直しをしてほしいのですが、このような時はどのように相談に乗ってくれるのでしょうか?
逓増についてのお答え
生命保険というものは、いったん入ってしまうと簡単に取り返しがつかない商品です。加入後1年目でもっと良い保険商品があったと気が付いても、すぐに良いものに切り替えようとすると損が出てしまいます。ですので、新しく生命保険に加入する前に、じっくりと比較検討すべきです。しかし、契約して間もない保険でも、上手に見直しをすれば、傷が浅くて済む場合も多いですし、たとえちょっと損をしたとしても、早めに新たな生命保険に切り替えてしまった方が良い場合も多くあります。いろいろなケースがあるため一概にはお答えできませんので、現在加入中の保険証券などをご準備いただき、打ち合わせをさせていただくことが可能です。
当社の近くにも保険代理店がおりますし、取引先の銀行も保険代理店を紹介してきます。ここのサイトで見積もりをお願いして、ここで保険の契約をさせていただくことは、近くの保険代理店とお付き合いすることに比べて、どんなメリットがあるのですか?
逓増についてのお答え
はい、いろいろと理由はあるのですが、当社を利用するメリットで大きな点は、保険提案能力の違いです。私たちは扱っているすべての生命保険会社の中から、常に一番良い保険を選び、契約全体を最良にコーディネートしてご提案書を作成いたします。私たちは14社の生命保険会社の商品を扱える総合保険代理店として、御社にとって有益であると思います。
また、ただ一番良い保険商品をご案内するだけではなく、企業経営の総合的なアドバイスも私たちの強みだと考えています。お客様に保険提案に併せて経営のアドバイスもさせていただいております。また、もう1つの強みは保険契約後のメンテナンスです。保険契約時だけではなく、契約後のアフターフォロー、保険契約の管理、案内をしっかり行っております。保険について顧問税理士への説明や、税務署への説明、経営に必要な契約書作成の支援など、契約後にも安心してお付き合いいただけるための保全体制を整えております。
一括見積もりを利用して、料金はかかるのですか?
逓増についてのお答え
もちろん、無料です。
逓増定期保険の加入を検討していますが、インターネットで会社のデリケートな情報を送信することに、抵抗があります。この一括見積もりのサービスは、大丈夫でしょうか。
逓増についてのお答え
はい、ご安心下さい。インターネットを利用したオンラインサービスでは、情報の送信時にはSSLL暗号化を行い、加えて、データの保管についてもプライバシー・マークを取得したデータセンターにて厳重な管理を行っています。
逓増定期保険を利用する価値はあるのでしょうか?
逓増についてのお答え
はい、まだまだ利用価値は高いと思います。すでに数社の保険会社が、新しい税制下で以前よりも解約返戻率が高くなる商品を発売しています。現在の保険料は全額損金ではなくなっていますが、保険を解約等の様々な清算処理を行った段階においては、全額損金の場合と同様の効果を出します。契約から清算までの時期で見れば同効果なのです。効果等についての詳しいことについてはご理解が難しいところなので、直接ご案内させていただきます。
インフォランスのコンサルタントが無料お見積もり致します

「逓増定期保険」を扱っている所はたくさんあります。導入考えていても、どの商品が最適なのかわからない場合がほとんどです。そんなお悩みを解決するために、それぞれの導入の目的に最適な会社の見積りをお届けするサービスです。といっても機械的に見積もりを出すだけではありません。お客様のご要望に沿ったアドバイスで、選択と導入を丁寧にサポートいたします。

返戻率早見表もついてくる!今すぐお見積り

お問い合わせこちらから。